石川県立図書館/大型絵図・石川県史

大型絵図

3 境絵図

延宝3年9月25日 1枚 247cm×238cm
>>目録へ
 
土方領鳳至郡大野村・伏戸村堺絵図土方雄久(1553~1608)は、関ヶ原の戦いで従兄弟である前田利長を徳川側につけた功績により、越中新川郡に1万石の領地を得るが、慶長10年(1605)11月に能登へ移封された。土方領の村々は加賀藩領内に点在していたため、約1,000カ所にわたって境塚を築いてその絵図を作成し、延宝3年(1675)9月25日各村の肝煎・与合頭・長百姓十村が署名し、双方の奉行が裏書をして、両者の境界を確定させた。本絵図は加賀藩に収められたものが伝えられたもの。
土方領鳳至郡大野村・伏戸村堺絵図
     クリックすると原本の画像が開きます


 

翻刻文
○此色 大野村・伏戸村之山
○此色 大野村・伏戸村之田畠
○此色 川西村・大川村・渋田村之山
○此色 川西村・大川村・渋田村・寺地村之田畠
今度土方河内守様御領能州鳳至郡大野村・伏戸村加賀守様御領分堺目、双方十村村肝煎・長百姓致見分、納得之上を以境塚被仰付、絵図互取替申上者、自今以後申分無御座候、仍如件
 延宝三年九月廿五日
  加賀守様御領分鳳至郡大川
           肝煎
源太郎(印)
           与合頭九郎兵衛(印)
           長百姓孫右衛門(印)
         同郡川西
           肝煎
覚兵衛(印)
           与合頭三右衛門(印)
           同 源右衛門(印)
           同 藤左衛門(印)
           長百姓徳左衛門(印)
         同郡寺地
           肝煎
徳兵衛(印)
           与合頭太郎左衛門(印)
           長百姓九郎兵衛(印)
         同郡渋田
           肝煎
助右衛門(印)
           与合頭長右衛門(印)
           長百姓太郎左衛門(印)
          十村粟蔵村彦三郎(印・花押)
          十村山岸村新四郎(印・花押)
  河内守様御領鳳至郡大野
           肝煎
次左衛門(印)
           与合頭二郎左衛門(印)
           同 藤左衛門(印)
           同 三郎右衛門(印)
           長百姓喜右衛門(印)
         同郡伏戸
           肝煎
六郎兵衛(印)
           与合頭太郎左衛門(印)
           長百姓源太郎(印)
          十村時国村長左衛門(印・花押)
(裏書)
表書之通、御領地之境双方村々十村村肝煎・長百姓納得之上を以相極申所、如件
      近藤四郎左衛門(花押)
      原五郎左衛門(花押)
      菊池十六郎(花押)
      羽石重兵衛(花押)
      荒川源兵衛(花押)
      桜井又兵衛(花押)
      久米安太夫(花押)
(端裏貼紙)(誤貼)
「石崎村
 祖浜村」