石川県立図書館/大型絵図・石川県史

大型絵図

1 国絵図

明治11~16年 1枚 200cm×160cm
>>目録へ
 
加越能三国図
     クリックすると原本の画像が開きます
金沢に県庁、富山2カ所と魚津などに郡役所が置かれていることから、明治11年(1878)12月の郡区改正以降、同16年5月富山県設置以前に作成されたことがわかる。縮尺は、図面の計測により101,520分の1で、県庁・郡役所のほか裁判所・郵便局・国幣社・燈明台・温泉などの位置が地図記号で示されている。天地・左右の経緯度目盛に度数はないが、目盛の記し方から経度はグリニッジではなく東京を基準としていることがわかる。当では、甲・乙の2枚の複本を所蔵するが、本図は甲。


 

翻刻文
凡例
 大入杵尊御墓兆域
 国幣社
 名古屋鎮台分営
 県庁
 警察署
 郡役所
 裁判
 同支庁
 国界
 郡界
 市街
 村落
 同無戸
 郵便局
 便宜海港
 燈明台
 川
 高山
 山地
 潟海
 本道
 支道
 橋梁
 
 度標
 温泉