石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第四節 交通

江戸若しくは上方に對するの通信運搬事務は、初め早道飛脚足輕ありて信書を速達し、手木(テコ)足輕ありて貨物輸送人足の宰領となるの制なりき。萬治二年六月の規定によれば、金澤より江戸に達する早道飛脚は、夏期に於いて六十時(トキ)、冬期に於いて七十二時を要するを早飛脚とし、夏は八十四時・多は百八時を要するを中飛脚とし、夏は百二十時・冬は百四十四時を要するを常飛脚とせり。又金澤より京都に至るものは、夏は二十七時・多は三十六時を要するを早飛脚とし、夏は三十九時・冬は五十一時を要するを中飛脚、夏は六十時・冬は七十二時を要するを常飛脚とす。是等は事の緩急によりてその利用を異にし、給與せらるゝ路に多少の差あり。早飛脚と中飛脚とが規定時刻よりも早きときは賞賜し、早飛脚・中飛脚・常飛脚共に規定時數より遲るゝ時は路を減ぜらる。而してこゝに夏といふは三月朔日より八月晦日に至る間を指し、冬といふは九月朔日より二月晦日に至るをいふなり。此くの如く早道飛脚の利用せられたると同時に、亦民間に通信運送の業を創始するものありて、の公用たると士人の私用たるとを問はず、庶民も亦同じく之に委託するを得たるを以て、從來に比し非常の利便を感ずるに至れり。而してその京都に向かふものに京都中使あり、江戸に往來するものに江戸中荷持及び江戸三度飛脚ありき。