石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第四節 交通

藩侯上洛は、第三世前田利常の時に至るまで屢これありしといへども、光高の世には之を見ず。次代綱紀の時、江戸よりの歸途享保五年四月一たび之に赴きし後、約百五十年間に亙りて全くこの事を絶てり。然るに末に至り、文久三年二月齊泰が幕命によりて上洛したるを初とし、國事匇忙の時に會して再び往復の頻繁を加へたりき、這次の旅程は左記の如く里數六十四里餘を十三日程とせしが、後短縮して松任小松大聖寺・金津・福井・府中・今庄敦賀海津・大溝・堅田・京都とし、又は松任小松大聖寺・金津・府中・今庄敦賀海津・堅田・大津としたることあり。而して是等の行程中、琵琶湖に於ける運を利用することなかりしは、供奉の多數なるが爲とし、個人の旅行には多く鹽津・大津間を乘船してその日數と勢力とを省くを常とせり。

 第 一 日  金澤出發  松任宿泊  里程三里五町
 第 二 日  寺井中休  小松宿泊  里程五里
 第 三 日  動橋中休  大聖寺宿泊 里程五里十四町
 第 四 日  細呂木中休 金津宿泊  里程四里
 第 五 日  橋中休  福井宿泊  里程四里十八町
 第 六 日  水落中休  府中宿泊  里程五里十八町
 第 七 日  鯖波中休  今庄宿泊  里程五里
 第 八 日  新保中休  敦賀宿泊  里程六里
 第 九 日  山中中休  海津宿泊  里程七里十八町
 第 十 日  …………  今津宿泊  里程三里
 第十一日  小松中休  堅田宿泊  里程九里三十四町
 第十二日  …………  大津宿泊  里程三里二十六町
 第十三日  …………  京都着   里程三里

上洛に際し東近江を經しことも亦なきにあらず。慶應三年十一月前田慶寧の西上せし場合の如きは即ち是にして、宿泊は小松大聖寺越前金津・府中・今庄近江木下・長濱・高宮・守山・大津に於いてせり。十二月その歸路に於いて亦東近江を取る。