石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第四節 交通

上街道は道程遠く費用多きを要するを以て、この道を取ること尠かりしといへども、享和二年十月老侯前田治脩歸國に際し、冬季朔風の凜烈に堪へざるを以て、請うて東海道を經しことありて二十日を費せり。又文化十一年三月前田齊廣の封國に就くに當り、越後親不知の山脚崩壤して通行し難く、而してこの天嶮は幕府許可を得るにあらざれば領主榊原氏の擅に修理を加ふる能はざる所なりしを以て、已むを得ず東海道よりせしことあり。この日數前後十九日にして、一行の旅費凡べて金一萬五千兩に上れりといふ。その日程は即ち下に載する如し。天保十一年四月亦この道を取り、又安政五年四月齊泰歸藩の際に於いては、神奈川・(鎌倉巡覽)・藤澤・小田原・三島・由比・岡部・掛川・濱松・吉田・池鯉鮒・起・柏原・木本・今庄・府中・金津・(鹽屋・橋立等巡覽)・大聖寺・(山中・山代等巡覽)・小松・(安宅・本吉等巡覽)・松任に泊して、第二十日金澤に入れり。上街道の里程は百五十一里餘と公稱せられ、の末期に於いては本馬一疋の駄賃十貫八百八十二文、輕尻は七貫百十文、人足の賃錢五貫四百六十九文を要する計算なりき。

 第 一 日  江戸出發  品川宿泊  里程三里
 第 二 日  川崎中休  神奈川宿泊 里程五里十八町
 第 三 日  藤澤中休  大磯宿泊  里程九里二十町
 第 四 日  箱根中休  三島宿泊  里程十二里八町
 第 五 日  原中休   吉原宿泊  里程六里六町
 第 六 日  由井中休  府中宿泊  里程十里十八町
 第 七 日  岡部中休  金谷宿泊  里程八里二十町
 第 八 日  袋井中休  濱松宿泊  里程十二里二十町
 第 九 日  新居中休  吉田宿泊  里程八里三十二町
 第 十 日  赤坂中休  岡崎宿泊  里程六里二十五町
 第十一日  池鯉鮒中休 鳴海宿泊  里程六里二十四町
 第十二日  清洲中休  起宿泊   里程八里十八町
 第十三日  大垣中休  柏原宿泊  里程十里二十二町
 第十四日  鳥井本中休 木本宿泊  里程十一里十八町
 第十五日  中河内中休 今庄宿泊  里程十一里十八町
 第十六日  脇本中休  府中宿泊  里程五里
 第十七日  福井中休  金津宿泊  里程十一里
 第十八日  大聖寺中休 小松宿泊  里程九里十八町
 第十九日  松任中休  金澤着   里程七里