石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第三節 市場

天罰起請文前書之事
 一、今度御吟味之上を以、跡々中買共之内御選被成、彌向後私共中買仕候樣被仰付、難有奉存候。最前より之御定書竝今度御書出之趣、急度相守可申候。若仲間に、米中買之儀に付手立ヶ間敷儀仕候者有之候者、殘る者共より御斷可申上御事。
 一、私共取持、米賣買爲致候時分、米百石に付手付四百目充請取渡仕、勿論慥に證文取かはし、賣買爲致可申御事。
 一、私共自分に米賣買不仕、口錢迄取可申御事。
 一、當收納米切手、八月以前に賣買口入仕間敷御事。
 一、他國他領之儀不申上、總而他所者に被頼、名代(ミヨウダイ)に罷成、米切手賣買仕間敷御事。
 一、不分限米賣買仕者御座候者、私共口入賣買爲致申間敷御事。
 一、仲間申談、御給人米御拂之儀、手支申樣成事仕間敷御事。
 右之條々於相背者、忝も左に申降神罰冥罰各可之者也。依而請文如件。
    延寶九年(天和元年)四月十日に極る              何 町  何  某 血判
                             何 町  何  某 血判
〔金澤米穀取引所沿革〕
       ○