石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第二節 物價

物價に關するの記録は、享保以降に至りて稍之を見ることを得べし。即ち同五年に於いては、米價騰貴最も甚だしく、七月二十日遂に一石二百三十目に達し、實に前古未曾有のことなりと稱せられき。然るに十四年、封内風水の害甚だしく、減收四十五萬二千石に上れるに拘らず、米價は非常に低下して、一石二十八匁六分となりしかば、は十月十六日令して、士人の先に會所を借りたる者は、今年之を返納せざるも隨意たるべしといふに至れり。次いで十六年には、再び先の五年以上の高直に上り、十二月四日二百五十目を現出して、世人を驚かしめたりき。而して十七年は概ね平靜にして三四十目を上下したりしが、今秋又蝗害ありたるを以て、十八年正月に至りて金澤は七十四五匁、能登越中は六十二匁に騰貴せり。因りて金澤の外、加賀小松・本吉・松任鶴來・宮腰・津幡能登の飯山・富木・所口・道下・輪島・宇出津・飯田、及び越中の數ヶ所に賣場を設け、時價の半額により一人三升宛の米を賣出して救濟の途を講ずるに至れり。