石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

加賀藩が嘉永四年八月より銀仲預銀手形御算用場取扱の銀札とせしこと前に言へる如くなるが、明治元年政府通用を廢したるを以て、五月錢札發行し、錢札百文を銀札一匁に相當することを定め、漸次銀札交換引上を行はんと計畫せり。錢札の種類には、十貫文・五貫文・一貫文・五百文・三百文・二百文・百文・五十文の八等あり。次いで同年改元以後亦粗製の新錢札を出したりしが、二年十月三日、明治元年發行錢札にして紙に漉入なきものゝ贋造多きを以て、先に増印を施せる十貫文以下五百文の錢札は悉く十一月十五日以前に引換を了すべく、十六日以後は通用禁止すと令し、三年六月十二日十貫文の錢札を廢して三貫文・二貫文を加へ、七月又漉入なき三百文以下五十文の錢札を九月限り禁止すとせり。而して殘餘の錢札の明治六年五月に至り政府新札交換せられたるもの千九百七十七萬八千六百九十九枚にして、その額四千二百三十萬五千四百十五貫百文なりき。