石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

預銀手形の外、別に預錢手形といふものあり。文政八年六月封内錢貨尠くして融通の便を缺きしを以て、金澤町會所に於いて御算用場の加印を得之を發行したるを初とし、一貫文・五百文・百文・五十文の四種あり。預錢手形は表面に錢何程と記し、黄色の紙を用ひたりき。翌文政九年四月四日町會所令して、此の月廿五日を限り預錢手形停止す。これ頃日錢の相場漸く低落したりしを以てなり。然るに同年十二月廿三日、錢相場騰貴して融通圓滑を缺きしを以て、去年六月發行預錢手形に増印を加へて、廿六日以降通用するを命じ、更に十年六月預錢手形を止め、七月二十日までに預銀手形を以て引換ふることゝせり。

 近年錢拂底の樣子に而、相場引立、不融通相成候に付、當分錢手形出來候はゞ、一統通用方辨利に可之候。依錢手形町會所にて出來、五十文より百文・五百文・一貫文迄四通に仕立、尤御算用場加印等致、右手形來月朔日より指出候間、正錢同樣無通用致候。(中略)
 錢手形相場百目(銀札)十貫文指に相極候事。
    六月廿四日(文政八年)                      長  甲  斐  守
〔三州寳貨録〕