石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

かくて銀仲預銀手形の正貨に對する相場常に良好にして、恰も正銀同樣に通行せしが、嘉永四年八月初めて銀仲淺野屋次郎兵衞の引替所たることを止めしめ、御算用場直接取扱の銀札とせり。しかも政務多端の際、銀札そのものは之を引換ふるの餘裕なかりしかば、在來の銀仲預銀手形に増印を施して通用せしめしなり。六年七月また新手形を發行す。その形稍從來より小にして、百目に麟麟、五十目に竹に虎、十匁に牡丹に唐獅子、五匁に紅葉に鹿、三匁に葡萄に栗鼠、二匁に浪に兎、一匁に瀧に鯉、五分に浪に龜の印を用ふ。次いで安政五年七月二日及び元治元年十月二日にも新札を發行せり。嘉永六年以降の手形は皆楮紙中の漉しを廢す。唯元治元年のものに通の字の漉しあるのみ。この銀札は明治元年五月以降錢札と引換へ、三年四月を限り通用停止を告示したりしも尚殘存し、六年五月政府新貨幣と交換するもの總數四十一萬二千五百九十三枚、この價九百六十三貫百九匁なりき。