石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

然るに十一月に至るも、到底この銀仲預銀手形回收して、正銀を仕拂ふの準備なかりしかば、交換の爲に新手形を造りて之を發行したるのみならず、翌十年三月更に百目手形總額二千五百貫を増發して、正銀と混用すべきを命じたりき。かくて銀仲預銀手形の漸次増加するに及び、金銀貨は殆ど姿を隱し、外に旅行する場合等を除くの外、自國内の商取引は全く預銀手形のみにて用を辨ずることゝなれり。文政十年銀仲預銀手形發行せしめし時、金澤町奉行より米仲買肝煎に與へたる達書は即ち左の如し。

 御勝手向爲融通、今般別段銀仲預り百目宛之手形出來指出、一統通用之儀、別紙寫之通り夫々申渡筈に候。右に付仕法方之儀、左之通可相心得候。
 一、當年より御家中増御借知之内、正米一萬二千石宛、來子年より四ヶ年可相渡候條、右を引當にして、手形二千五百貫目、町會所引受に而出來、御算用場え可指出候。尤右一萬二千石町會所において拂立、其代程宛年々消合、卯年に至り相渡置候根を以て、不殘消合可申候。各手形御算用場加印候。但一萬二千石拂立日限之儀は、其時に御算用場示合候。
 一、指當り爲先只今二百貫目可相渡候條、銀仲え相渡置、他國指引方等、正銀に而指遣不申候而難叶向々は、斷之品入念承糺、右根を以て引替指遣樣、可相心得候。猶又根之儀は、追々右之通に候條、都而町會所引請、取締等嚴重可相心得候。猶又御算用場奉行示合可申候事。
    三    月(文政十年)
〔御定書〕