石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

錢貨に關しては、慶長十三年幕府より在來の永樂錢の通用停止し、金銀貨幣以外は鐚錢(ビタセン)を通用すべきことを公布したるが、鐚錢とは青製なるものにあらずして鐵製なるものなり。次いで、寛永十年四月には加賀藩より、幕府の法に從ひ、鐚錢の中甚だしき惡貨に非ざる限りは、之を選擇して通用を妨ぐべからざることを封内に諭したることあり。同年六月又小賣の酒肴・青物・菓物・炭薪の賣買には錢貨を用ふべく、その他の商業にも、價格一匁以下なる物には錢貨を用ふべきことを令せり。

 一、一駄荷四十貫目、乘かけ荷二十二貫目事。
 一、駄ちん、金澤より野々市迄、一駄に付二十四文、津幡迄五十二文、宮腰迄二十四文の事。
 一、宿賃は、主人八文、下人四文、馬八文の事。
 一、大かけ錢 一、かたなし 一、ころ錢 一、われ錢 一、新錢 一、なまり錢 此六錢の外えらぶべからざる事。
 右條々於相背者、月行事儀可曲事。肝煎者爲過錢鳥目二貫文、並馬かた中より家一間に二貫文宛可之。則申あらはす者に可下旨被仰出候所也。仍如件。
    寛永十年四月 日                  稻 葉 左 近 在制
                              中 村 刑 部 在判
〔三州寳貨録〕
       ○

 (前略)
 一、小賣之酒肴並青物・菓物・炭薪等、來七月十日以後子にて商賣仕事有之間敷候。何も可錢遣事。
 一、諸商賣物不何色子一匁より内之物は可錢遣事。但一匁より上之賣物たりといふ共、相對次第錢遣に可仕事。
 右之分無相違樣に、當町中へ堅可申付者也。
    寛永十年六月六日                  横 山 山 城 守
                              本 多 安 房 守
〔御定書〕