石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

寛永七年加賀藩に於いて灰吹(ハイフキ)を製せしめ、從來封内通用したる極印に交へて之を通用せしめき。灰吹は俗にこまがねと稱し、又きりかねともいへり。このは、錢貨を用ふべき少額の取引に用ひたるものにして、當時内に錢貨甚しく缺乏したるを以て、之に代用したりしなり。後世玉を一に灰吹と稱したることあれども、寛永灰吹は之と異にして、地を薄く鍛造し、その價に隨ひ切斷して交附せしなり。きりかねの名之より起り、而してこまがねといふも亦細の意に外ならず。但し灰吹を使用することは、この寛永七年を以て嚆矢とするにあらざるは、前に言へる慶長九年閏八月七日附の法令に見えたるを以て知るべく、又三壺記にも、元和年中前田利常夫人天徳院金澤に在りし時、犀川口鬼川の岸に歌舞伎座ありしが、上下男女の差別なく、札錢灰吹のこまがね三分宛にして、觀客頗る雜沓せりといへるをも傍證とすべし。灰吹の品質は、之を極印に比するときは劣惡なりしが如く、後承應三年寛永通寶の行はるゝに及びて、その使用を停止せり。但し灰吹使用の時代に在りても、尚前代に引續きて米穀をも混用したりしこと、藤田安勝の微妙公夜話に、『承應年中之始迄は御領國中錢遣に而無之、白を細に切置つかひ申候。又は米を小升に而斗候而、賣物等買整、日用を達申候。』といへるが如くなりしなり。