石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

花降發行の後、幾くもなく後藤用助・矢田主計の二人は位を劣等ならしめたるを以て、共に三年間の蟄居を命ぜられ、吹座の職務は、後藤才次郎・金屋彦四郎二人をして之を掌らしめき。用助と主計との刑期滿つるや、は更に過怠として犀川・淺野川兩大橋の修繕を命じたりしが、後用助は復活して才次郎と共にとなりしものゝ如く、梅鉢小判中の或ものには、この二人の刻印を施したるものありと。而しての創置せられしよりこゝに至るまで、吹座は常にの兼ぬる所たりし如くなるが、元和五年に至りて淺野屋次郎兵衞を以て專務とし、後藤才次郎をして吹座たらしめ、六年更に金屋彦四郎をとし、後藤次右衞門を吹座とせしかば、初めて兩・兩吹座あることゝなる。鑄造の事務を鞅掌する吹屋の地位が、發行鑑識の任に當るの附屬たりしことは、常に同一なり。後寛永十年四月十七日の法令吹座四ヶ所と記され、次いで明暦元年三月十日を三座とせり。これ淺野屋次郎兵衞の外、承應三年八月金屋彦四郎をして錢座たらしめしも尚兼務せしめ、別に越前屋孫兵衞に一を組織せしめたるが爲にして、三ヶ所といへるも先の吹座四ヶ所といへるも、共に吹座とを兼ねたること、元和五年以前の制の如くなりしと思はる。然るに寛文七年加賀藩貨幣鑄造を廢したるを以て、吹座は廢せられたりしが、後元祿十六年二月を二座となし、享保四年二月十八日三座となし、享保六年十二月晦日兩座に復して末に及べり。