石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第六章 經濟交通

第一節 貨幣

金澤の外、封内各地にも亦銀座を設置して、地方に通用する貨幣の眞贋を鑑定せしめ、他國の金引替を爲し、贋造貨幣の防止に任ぜしむ。加賀に在りては小松能登にありては七尾・宇出津、越中にありては今石動・魚津に置きしもの即ち是なり。利長の守山に在りし時は、その地にも亦之を置けり。是等皆その設置の年月を詳かにせず。

 態申遣候。仍年々判を仕上金之事、沙汰之限り惡く候而、行末にて一切とらず候間、成其意、向後念を入候而可判遣候。以來惡候はゞ成敗候間、爲屆申聞候也。
    文祿二年三月 日                  利     家  印
      能登銀座 後藤五郎左衞門
〔三州寳貨録〕
       ○

 能美郡天秤職之事申付候條、金ともに如前々全可裁判者也。
    慶長五年十一月五日                 利     長 在判
      小松大文字屋源兵衞方ヘ
〔三州寳貨録〕