石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第五節 鑛業

石川郡犀川の水源なる倉谷に金坑あり。慶長十三年倉谷の農民新右衞門・八郎右衞門二人初めて之を採掘すといひ、元和寛永中に至りて産出最も多額となる。葢し加賀の鑛にして、業績の盛況を呈したるもの實に之を以て嚆矢とすといはる。

                         く ら 谷 
 一、金子倉谷に而商賣可仕候事。
 一、倉谷三里四方之内見立仕、金出申に付而者御案内可申上候事。
 一、重倉に金ほり共町屋相立、可商賣候事。
 右條々、何樣之出入有之共、爲相談、相究可申者也。
    慶長十七年七月二日                  河      内(奧村榮明)
                               出      羽(篠原一孝)
                                     城(長知
〔萬治二年以前御定書〕
       ○

  御尋に付申上候。

 一、石川郡倉谷かねは、は大、は少に御座候。出來の年數は、九十年許に罷成申由承及申候御事。

 一、見立申者は、倉谷村新右衞門・八郎右衞門と申者之由申候。さかり申儀は、八十ヶ年以前より二十四五ヶ年之間にて、御奉行數多御附被成候へ共、何れも御名覺無御座候。其時分御運上一ヶ年に百貫目許り上り申由承申候。但し年により高下御座候と承申候御事。
 一、さかり申時分は、家數は四百軒許も御座候由承申候へ共、其後家數も年々に退轉仕申候故、寛永十六年より御奉行御引被成、其砌より御會所樣御裁許に而、所々仕に被仰付、御運上は一ヶ年五貫目・七貫目又は十枚二十枚之事も御座候。彌退轉に罷成、萬治二年より御郡御奉行樣御裁許に罷成申候。今程家數二十五六軒も御座候處、御田地少も所持不仕候故、古まぶをさらへ少のかねをほり、渡世を送り申候。只今は御運上、一ヶ年六枚宛指上申候事。
 右之通承及申に付書上申候。以上。
    延寶八年十一月十日            倉谷銀肝煎  加右衞門 
                         同        喜 兵 衞
〔貨幣録〕
前記延寶の書上に、倉谷鑛の草創を九十年許以前に在りとするは過聞なるべし。三州水路大經に據れば、犀川の水源に四邑あり。その口なるを日尾・見定とし、奧なるを二又・倉谷とす。而して倉谷の東には金鑛を、西には鑛を産す。八九十年前に至るまではその採掘頗る盛なりしも、今は全く廢絶し、鬱蒼たりしも亦既に濫伐せられて涼を極むと言へり。この三州水路大經は正徳四年の著なるが故に、八九十年前は即ち寛永中に當る。龜尾記にも、亦倉谷鑛の隆昌なりしは、寛永の末年より承應・明暦に至る間なりとし、當時新造の家屋二百餘に及び、町・後町・新町・遊女町・重倉町等に商戸櫛比し、歌舞伎相撲などを興行するに至りしが、洪水の害に値ひて二又に移り、再び新市街を現出すといへり。寶永誌に、倉谷村町に寺跡四ヶ所ありて、之を法住寺・宗榮寺・廣徳寺・誓入寺と名づくとし、貞享二年倉谷宗榮寺由來書に、當寺の開能登妙成寺日條の門下にして名を素閑といへり。元和七年上木五郎左衞門・片岡彌右衞門その他有志の人々、倉谷に一宇を構へ、素閑を請じて之に住せしむ。然るにその後坑況蓑微して、檀徒皆移住したるを以て、宗榮寺も亦金澤の卯辰に轉じたりと記せり。次いで明和元年九月金澤町人道法寺屋藤右衞門は、往時の鑛鋪たりし黒平・弓落の地が、最も含量の多きを測りて試掘を出願せしことあり。又安永元年には、金澤尾張町の貫屋與左衞門も亦之を復舊せんと計畫し、下野阿曾郡屋村の人左門をして黒平坑を試掘せしめしことあり。後者の場合には、その頗る有望なるべき報告を得たりしを以て、に出願して採鑛に着手し、翌二年閏三月與左衞門より花降銀藩侯の内覽に供するに至りしも、産出少くして收支相償はず、終に業を廢せしかば、五年町屋敷の撤去を命じたりき。こゝにいふ下野の左門の如きは、採鑛に經驗あるを名として諸國に放浪し、資本家を誘惑して私利を貧りしものなるべく、當時是と同種類の所謂師なるものの害毒を流しゝこと多きは、之を左記の落書に徴して知るべきなり。

 夫れ人間の不仕合なる相を、つら〱觀ずるに、凡そ實なきものは、初中(シヨチウ)終、魔のわざの如くなる旅人なり。されば未だ萬貫のかねを掘り出したりといふ事をしらず、實正しりがたし。今に至りて、誰か百目の灰吹をたもつベきや。我や先き人や先き、さけいづるとも知らず、又いでん共知らず。おくれ先きだつ人は、元のすゑの人の贋吹よりしげし。あしたには當難ありて、タベにははや立ち行く身也。すでに公儀のはげしき風來りぬれば、則ち二つの穴忽ちに閉ぢ、一つのかねづる長く絶えぬれば、吹屋空しく變じて、旅人の姿消え失せぬ。土かひの鼻毛立あつまりて、歎き悲しめどもさらに其の甲斐あるべからず。是非もなきことなればとて、小屋に至りて見分となりぬれば、から土のみぞ殘れる。あはれといふも愚なり。されば人間のはかなきとと、慾と智惠との境なれば、誰の人もはやく、商賣の一大事を心にかけて、情を出し申すべきものなり。あなこひし〱。
〔銀骨の御文〕