石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第四節 林業

大聖寺藩に於いて林務を董督するものを松奉行と稱し、定員を二名とす。葢し松奉行は、加賀藩の山奉行と稱するものに同じといへども、領内の山林は概ね松樹なるが故にこの名あり。次に帳前役一人・曲尺卷役一人・山廻四人あり。松奉行は春秋二次林を巡視し、帳前役は帳簿を保管して記録出納に任じ、曲尺卷役は測樹測地の事に當り、山廻は隨時藩有林巡視して之を保護す。又山番ありて、地元の村落より選擧し、松奉行によりて任命せらる。その職務は日々擔當區域を巡り、給料を村費によりて支辨せらる。この外植物方奉行ありて、松奉行中より兼任し、林叢の疎密を考へて植栽補充することを掌る。