石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

各村の高及び免を調査し、百姓人別に持高を記入するものを品々帳と稱す。品々帳とは村々高免品々帳の略にして、寛文十一年に初り、組裁許の十村その組を一册としたるもの二通を製し、一册は十村之を保管し、一册は改作所に備へ付く。若し百姓にして切高取高したる時は、品々帳持高の増減を付札として改作所に提出す。改作所奉行則ちこの付札に捺印して返附し、同時に改作所備付の品々帳にも付札をなし置くなり。