石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

作徳平均とは、各人の公稱持高同一にして、定納・口米その他の諸掛り隨つて同額なるも、實際の地積を異にするが爲、親作の卸付米と手取作徳米とに差違ある時、田地割によりて持高・地積・卸付米・定納口米・諸懸を各人同一比例ならしめ、而も殘余の手取作徳米を尚舊の如くならしむるをいふ。その算法次の如く、この例にありては免三ッの村と假定せるなり。

 一、持高十石、田坪三千歩        市  兵  衞
  此卸米十二石[地割に付新に 合盛見圖に他] 内三石三斗三升六合定納口米。二斗六升四合諸懸り。
 殘而八石四斗作徳米。
 一、持高十石、田坪二千歩        仁  兵  衞
  此卸米八石[地割に付新に 合盛見圖に成]  内三石三斗一升六合定納口米。二斗六升四合諸懸り。
  殘而四石四斗作徳米。
 一、持高十石、田坪千歩         三  兵  衞
  此卸米四石[地割に付新に 合盛見圖に成]  内三石三斗三升六合定納口米。二斗六升四合諸懸り。
  殘而四斗作徳
 作徳米〆十三石二斗、持高合三十石に割、一石高に付四斗四升。是を以人々作徳を割、持高を仕出す。左の通り。
 一、改持高十九石九升一合、田坪三千八百十八歩二分  市 兵 衞
  此卸米十五石二斗七升三合[平均合盛 四  合] 内六石三斗六升九合定納口米。五斗四合諸懸り。
  殘而八石四斗作徳米。
 一、改持高十石、田坪二千歩             仁 兵 衞
 此卸米八石[平均合盛 四  合] 内三石三斗三升六合定納口米。二斗六升四合諸懸り。
 殘而四石四斗作徳米。
 一、改持高九斗九合、田坪百八十一歩八分       三 兵 衞
  此卸米七斗二升七合[平均合盛 四  合] 内三斗三合定納口米。二升四合諸懸り。
  殘而四石三斗九升九合作徳米。
〔河合録〕