石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

尻目打とは、一村の惣歩を打揚げ、草高一石に對する實際の地積を算出し、又各人所有の草高と地積との比例を考へ、その少き者より代錢を徴して多き者に與へ、而して田地割により新たに與ふる田地は、各人本來の持高に正比例するが如く分割するをいふ。尻目打とは、各人に損益なからしむる爲、代錢を授受するの義なり。