石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

天保五年蓄米を命じて凶荒の用に供せし際、は諸郡にも亦毎組一ヶ所の備荒倉を起さしめんとの意ありしが、當時財界の情勢之を許さゞりしを以て、翌六年先づ要所にのみ之を建設せしめたりき。越中礪波郡の六家・池尻、新川郡の三日市・泊・滑川、射水郡の小杉・下村・加納、加賀能美郡小松石川郡松任河北郡津幡能登口郡の大町、奧郡の宇出津是なり。

備荒倉扁額 鹿島郡餘喜村三宅秀雄氏藏