石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

畑に在りては、旱損あるも決して見立免切を行ふことなし。隨ひて田地に見立免切を要する場合に在りても、畑の高を除きたる殘餘に對してのみ引免するを法とす。然りといへども特に畑地の多き村方にありては、貸米の額を子に換算して後日返上せしめしことあり。