石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

又御定書中に鹿島郡三階村源五の書出せる歩苅法を載す。源五は十村の任に在りたる者なるが、累代同名を襲ぐが故に、この書出がいづれの年に成れるかを明らかにせず。而して本例に於いて、草高一石二百歩の有米によりて計算せるものは、一反三百歩を斗代一石五斗にて除したる前出享保度の算法と結果を同じくすといへども、源五が定納一石に對する夫銀米を、産米總額の一石より天引したるは全く誤謬とし、之を明暦及び享保の算法によりて考ふるに、先づ産米總額中より口米及び夫銀米の割合を内掛にしたる額を控除し、然る後定納百姓作徳との比率による免を算出せざるべからざりしなり。之が爲に享保の算法に基づく時は免四ッ三歩五厘九毛を得べきものを免四ッ三歩四厘とせるを見る。但しこの源五の算法が何れかに實施せられたりや否やを知らず。

      一歩苅算用仕立樣
 一、三升八合     上田三歩之籾
 一、三 升      中田三歩之籾
 一、二升二合     下田三歩之籾
 籾〆九升  但九つに割、一歩當籾一升、但此籾五合摺之圖にして二ッに割。
 正米五合  但草高一石之歩數二百歩を掛、有米一石に成
 此内三升五合  夫銀米。但右定納一石一匁四分代、米石ニ付四十目にして。
 殘而米九斗六升五合
 此内
  四斗八升二合五勺  百姓に被下候免五歩(五ッ)之當り。
  四斗八升二合五勺  御收納免五歩之當り。但此米を定納口米一石一斗一升二合にして割れば、免四ッ
            三歩四厘に成
 右算用仕立樣、三階村源五方より爲書出寫置也。
〔御定書〕