石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

村免の減ぜられたる場合に於いて、その村高が盡く給人知たる時は、引物成に相當する額を御算用場の切手によりて村方に下附せらる。是を引免斗過(ハカリスギ)米又は御藏返米と稱す。蓋しこの村方にては引免を除き、殘餘の收納免を納租すれば足るといへども、給人知にしてその差引困難なるが故に本免を以て納租し、引免に相當する定納口米御算用場切手を以て補償せらるゝなり。村高凡べて給人知ならざるも、引免多くして、が該村より收納すべき米額により、給人收納不足を補ふ能はざるとき亦同じ。一作引免によりて給人收納に不足を生じたるときは、の廩米を以て直接給人に補償し、これを引免米と稱す。