石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

新開の年度を異にするも、その所在相連續するのみならず、地味亦相等しきもの二ヶ所以上あるとき、その高を合併して一筆とするを株寄といひ、又元來一筆の新開なるも、散地にして相隔離し地味の等しからざるとき、之を分離するを株分と稱す。こは百姓新田裁許・組裁許十村御扶持人十村の連名によりて出願し、改作奉行許可を得るに止り、改作奉行は之を算用場に報告するものにして、一村建の如く算用場奉行の指揮を要せず。