石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

畑直新開とは、現に畑地たるものを開墾して田地とするをいひ、居村の者たると他村の者たるとに論なく之を出願するものある時は、地元の百姓御扶持人十村・組裁許の十村新田裁許等立會ひ、灌漑排水等に關する調査を爲し、然る後之を許可せらる。この際若し地元に於いて、之を畑地として存置するの利益を説くものあるも、決して採用せらるゝことなし。これ米穀の産額を増大するは益の第一なりとせられたればなり。畑直新開許可せられたる時は、先づ他郡の御扶持人十村二人を折役として、その畑の折を定めしめ、然る後出願者をして開發に從事せしむ。開發の終了したる時は、畑地たりし時の收入に相當する田を、前の高主に返還せしむ。之を返歩と稱す。例へば加賀・能登にては田二百歩を以て高一石とするが故に、六百歩の地は田として三石高なれども、三ッ折の畑なれば一石高に相當す。故に開發の後田一石高二百歩を返還し、殘餘二石高四百歩は畑直しを行ひたる者の所有とするが如し。畑直しによる新開は、その年よりその村の定免を以て納租せしむ。