石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

切高を買收したる代高禮米代銀と稱す。元來田地は悉く藩侯の有にして、百姓は單に耕作の爲之を管理するに過ぎざるを以て、賣買といはずして切高取高といひ、租米を上納する能はざる場合には之を他人に讓渡して禮米を得、以て納租の義務を全からしむるを本旨とす。故に高を賣却したる代慣を稱して禮米代とはいふなり。