石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

百姓が次第に切高したる爲、その殘額殆ど盡くるに至ることあるも、尚二升高を剩して百姓たることを失はざるを古格とし、之を名高持又は二升高持と稱す。