石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第三節 農業(下)

若し檢地により田積を實測し、その高何石と定むる時は之を極高と稱す。極高も亦草高なりといへども、特にその檢地を行ひたる點より見てこの名あるなり。改作法施行以前より存在したる古田(コデン)は、多く檢地の手續を省きて極高とし、之を無檢地極高といへり。新開などにて内檢地を經る時は、即ち極高新開と稱す。