石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第二節 農業(中)

高方世話人とは、田地に關する差配人といふが如し。寺社百姓又は町人百姓にして、その所有田地を手作することなく、全部卸作にする場合に於いて、村方に作小屋を建てゝ世話人を居住せしめ、その者をして作配卸付せしむるをいふ。高方世話人は村役人にその名を屆出で、組裁許の承認を得ざるべからず。寺社百姓又は町人百姓以外の百姓にありては、高方世話人を置くことを禁ぜらる。高方世話人は一に之を高遣と稱することあり。