石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第二節 農業(中)

下(シタ)百姓とは、一戸を構へたる表面上の百姓にあらずして、家族中の二三男若しくはその家に使役せらるゝものゝ爲に、私に高を分配して耕作せしむるものをいふ。この慣習は往時より存したるものにして、元祿の時にも亦之を許したるが、元文中一たび停止し、享和に至りて嚴禁せり。若し露顯するときはその高を沒收し且つ所罰せらる。