石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第二節 農業(中)

新田裁許新田裁許列・山廻山廻列の四種は、惣稱して之を分役といへり。その名義の理由を明らかにぜずといへども、恐らくは十村の職務を分擔するの意なるべし。新田裁許山廻とは又その兼務として代官を命ぜられ、共に代官帳二册分を取扱はしめらる。以てその收入を算出し得べし。代官收納藏の鎖を開くとき立會ふものを封切相見人といひ、又分役兼務する所なり。文政四年の改革には、分役に關して變更する所なかりき。これ等の外、農吏に御仕立勢子役・屎物方主付・桑楮植付勢子役・變地勢子役等あり。皆臨時の職にして、分役又は十村の子弟をして之に當らしむ。