石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第五章 殖産製造

第二節 農業(中)

村々肝煎・組合頭に申渡す惣年寄演述之覺(抄)
 今般思召被在、十村役被指止、御領國百姓頭振、御奉行所直御支配被仰付、是迄之御郡御奉行・御改作御奉行都而御郡御奉行に被仰付、是迄之十村手前におゐて取捌候品々、都而御奉行所におゐて御取捌被成候。
 一、御郡方御法令之御條々、御改作方御法之儀、都而古來之通彌以無違失相守可申事。
 一、是迄之組々其儘に被立置、組之名唱之儀、其組等之内郷庄・廣き名等を取、御改被成候。
 一、惣年寄役被仰付、農事御收納勢子方主附組被仰渡置、都而御郡人御支配方等に付御奉行所御詮議方相勤、且用水方之儀も致裁許候事。但、惣年寄役之儀、常々苗字相名乘可申旨被仰出候事。
 一、年寄並仰付、農事御收納勢子方主附被仰渡惣年寄に准じ相勤可申事。
 一、惣年寄並に年寄並石川・河北は御根役(御郡所)所え詰番相勤、遠郡は御出役所曁御根役所にも詰番相勤申事。
 一、是迄之十村手代之儀、以後某手代と申事無之、御役所附之趣に而御郡手附と名目御改、御奉行所被召仕候。勤向之儀は、御米納方・書算方・使役等に御召仕に候。尤石川・河北之儀は御根役所並堂形御役所詰番、遠郡之儀は御出役所詰番相勤候。都而身支配並役儀之筋惣年寄之裁許に而、惣年寄年寄並手前に而も御用召仕候事。
    文政四年辛巳七月
〔觸留帳〕
       ○