石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第八節 鏤工

辻氏は受領して山城守と稱す。象眼師にして、寛永の頃伏見より加賀に下り、祿百五十石を受く。門下中友次最も名あり。山城守の弟を兵部宗吉といふ。正保中亦伏見より來り、百石を受け、子孫相繼いでその業に從へり。

            門    助九郎        
  ┏━山城守━━┳━━  友 重           
  ┃      ┃  人               
  ┃      ┃                  
  ┃      ┃       三郎右衞門      
  ┃      ┣━━同 友 次           
  ┃      ┃                  
  ┃      ┃          
  ┃      ┃       新 七     喜八郎
  ┃      ┣━━同 重 長━━━━━重 次   
  ┃      ┃                  
  ┃      ┃                  
  ┃      ┃       勘 七     勘兵衞
  ┃      ┗━━同 政 平━━━━━政 信   
  ┃                         
  ┃                         
  ┃   兵 部        次 郎     九郎治     九郎右衞門   九次郎
  ┗━宗吉━━━━━━━━宗 次━━━━━宗 長━━━━━長 重━━━━━長 吉   
                                            
〔金工系圖〕