石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第八節 鏤工

國村氏の初世を次郎作國永といふ。本姓は種村氏なるも、父の名によりて國村を氏とせり。金澤象眼師にして、彫法を後藤琢乘に學び、寛永祿五十俵を給せらる。世にその作を次郎作彫といひ、加賀彫の祖なりと稱す。その門人與三左衞門國安・三右衞門國平・助左衞門國政・八左衞門國長・權右衞門國忠・喜兵衞國光等は、皆師の名によりて國永を氏とせり。

   次郎作    十左衞門  十左衞門  與右衞門  與右衞門  與平次   彌左衞門
 國永━━┳━━國久━━━━國久━━━━國廣━━━━國久━━━━國定━━━━國和    
     ┃                      村澤氏             
     ┃ 門  與三左衞門                             
     ┗━ 國安                                  
       人  國永氏                               
〔金工系圖〕
國永より五世與右衞門國久は氏を村澤と改め、御細工者となる。七代國和は初め次郎といひ、後に彌左衞門と改む。御細工者に列せられ、祿四十俵を賜ひ、以て維新の頃に至れり。