石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第八節 鏤工

駒井貞歴は甚右衞門と稱す。その祖小右衞門鑑虎小松に住せしが、彫金の技を好み、屢前田利常の命に應じて刀劍の裝具を製作せり。子孫小右衞門貞次・小右衞門元次・久兵衞元直・重次郎元明・吉右衞門貞直・小右衞門貞明相傳へて彫金を試みしも、未だ之を以て生業と爲しゝにはあらず。貞明の子貞歴の時始めて金澤に移り、後藤久清の門に入りて白職となり、三人扶持を給せられき。その系左の如し。

   甚右衞門  甚助    久次郎門  
 貞歴━━━━元申━━━━元廣━━━━元定
                     
〔金工系圖〕
駒井氏二代元申は甚助と稱し、貞歴の長子なり。初め後藤久清に學び、次いで勝木氏喜に從ひ、後に後藤東乘の門に入る。その作瀟洒にして巧妙なり。寛政十二年元申、後藤清冷及び高尾吉助と共に北野天神寄進の寶刀に裝飾す。三代久次郎元廣は文化四年御細工者となり、祿三十五俵を賜ひ、元廣の養子元定はその技未だ熟せずして家を襲ぎ、後に大砲方に轉じたりき。