石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第八節 鏤工

鈴木光弘は通稱を長左衞門といひ、鈴見屋徳兵衞の子なり。水野光政に學びて白職となり、二人扶持を給せられしが、晩年その技に秀でたるを以て一人扶持を増賜せらる。二代長左衞門兼弘家を襲ぎ、亦二人扶持を受け、文政三年歿す。後子孫相襲ぎて業を受く。

   長左衞門  長左衞門  長左衞門、實兼弘弟  長左衞門、實兼弘子    
 光弘━━━━兼弘━━━━光宣━━━━━━━━━兼宣━━━━━━━━━長左衞門
                                       
〔金工系圖〕