石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第八節 鏤工

加賀後藤の祖を市右衞門といひ、その系は、鈴木白龍の著書に左の如く載せらる。

            七兵衞   七兵衞   七兵衞   七兵衞 
 市右衞門━┳━━清次郎━━━━詮清━┳━━久清━━━━清冷    
      ┃            ┃              
      ┃            ┃              
      ┃    才次郎     ┃              
      ┗━━吉定        ┗━━清左衞門        
〔裝劔奇賞〕
然りといへども加賀に在りて傳ふる所は、甚だ之と異なり。葢し前者の杜撰なるによる。

           右兵衞    市右衞門   清次郎    七兵衞 
 市右衞門━━┳━清永━━━━━清重━━━━━廣清━━━━━清寅━━━┓
       ┃                           ┃
       ┃                           ┃
       ┃    才次郎   才次郎    清左衞門      ┃
       ┗━吉定━━━━━忠清━━━━━清定          ┃
                  實清重二子  實詮清二子     ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃     七兵衞    七兵衞    清次郎    清次郎     
 ┗━━━詮清━━━━━久清━━━━━清冷━━━┳━清明        
                        ┃           
                        ┃           
                        ┃   才次郎     
                        ┗━清永        
                                    
〔金工系圖〕
市右衞門の子清永は越後に生まれ、その國守に祿せられて三百石を食み、寛永五年に歿す。清永一諱は清定、通稱右兵衞又は兵庫頭。是を以て甲州身延山に寄進したる金燈籠には兵庫頭清永の銘あり。清永の弟を才次郎吉定といふ。亦越後に生まれしが、前田利常祿する所となり、後藤次右衞門と共に貨幣鑄造の職たる吹座を命ぜられしが、承應元年を以て歿したりき。後藤家譜に、加賀後藤は才次郎吉定を初代とし、その金澤に來れるは慶長年中利常が關東より歸りしとき命じて供奉せしめしなりといひ、而してこゝに慶長年中といふは同十八年なるべしとせらる。今白山比咩神社に藏する眞柄の大太刀の裝具に、寛永五戊辰暦十一月吉日加州金澤後藤才次郎吉定と鐫せるは、即ち彼の作なり。吉定の子才次郎定次は大聖寺藩分立の頃出でゝ之に仕ふ。是を以て吉定は兄清永の孫忠清をして家を繼がしむ。忠清老後の名は玄意、元祿十七年三月歿。子なくして七兵衞詮清の二子清左衞門清定を嗣とす。清定明和五年十二月歿して亦子なし。こゝに於いて本系斷絶せしが如し。是より先、前田利長高岡退隱せし時、清永の子市右衞門清重を召し、扶持米を與へて細工に從事せしめしが、後金澤に移り寛文四年二月歿す。清重の嫡子廣清は、初名を七兵衞といひ後に清次郎に改む。利常之に切米五十俵を賜ひしが、諸職人皆切米を賜はざるの制となるに及び四人扶持を以て代へられ、寛文十年三月歿す。次いで廣清の子七兵衞清寅は元祿元年十一月歿し、清寅の子七兵衞詮清は享保五年正月に歿し、詮清の子七兵衞久清は安永二年八月歿す。久清最も葡萄と蜂との彫刻に長じ、曾て寶暦二年前田重煕が北野天神に奉納せる寶刀の裝具を造る。久清の子に清次郎清冷あり。寛政十二年駒井甚助・高尾吉助と共に、前田治脩が北野天神に寄進したる寶刀附屬の赤製裝具を作り、當時の名手と稱せられき。文化八年十月歿す。而して清冷の嫡子に清次郎清明あり、文政三年八月歿。清明の子に七兵衞清恒あり、嘉永三年八月歿。清恒の子に七兵衞あり、明治二年九月歿。又清冷の弟三子を才次郎清永とし、嘉永四年八月歿し、清永の子才衣郎は明治二年五月歿す。