石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第七節 冑工

小島宗直は通稱を安太郎といひ、兒島宗英の甥なり。父安右衞門の歿せし時尚幼なりしを以て、宗英その後を受け、宗直は後別に家を興して小島と稱したりき。弘化二年宗直武具藏附足輕となりて俸二十俵を食み、四年足輕横目となり、七年甲冑製造の技に精しきを以て細工所雇を命ぜられしが、明治元年歿せり。宗直、宗英の第二子致將を養ひて嗣となす。致將初の名は宗將、通稱爲三郎、家職を嗣ぎて武具藏附足輕となり、文久・慶應の際前田齊泰慶寧等の甲冑を製して良工の名を得しが、維新に會して業を廢せり。