石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

高平の第四子に清平あり。五郎右衞門と稱し、萬治の頃江戸に出でゝ稻葉丹後守の祿を受く。隨ひて稻葉氏の居城相模小田原の八幡山にも住し、元祿の頃まで長命す。その作品は兼若傳に加ふるに江戸康繼風を以てし、遒麗なる亂刄に妙技を發揮せり。