石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

新刀紀に於いて他國より移壇したる刀工の第一に兼若一族あり。家を辻村と稱し、美濃關住にして志津兼氏の末裔と稱する兼若より起る。加賀の兼若が藩政時代を通じて士人の好尚に投じ、今も尚愛刀家の賞を博する所たるは言ふまでもなく、その系圖は即ち左の如し。
                                           
 初 四方助  初         二   甚六、慶長元和
  兼若━━━━━━━━━━━━━━ 兼若━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 代 天正頃加賀へ來住       代   元和七年越中守受領改高平        ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃   四郎右衞門、三代兼若
 ┣━景平          
 ┃   寛永五年頃改銘   
 ┃             
 ┃   越後守受領
 ┣━有平     
 ┃   寛永頃  
 ┃
 ┃ 四  又助                五  四郎右衞門           
 ┣━ 兼若━━━━━━━━━━━━━━━━┳━ 兼若━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 代  延寶五年歿           ┃ 代  延寶兼六頃 正徳元年歿    ┃
 ┃                    ┃                   ┃
 ┃    五郎右衞門、萬治頃江戸に移り  ┃   傳右衞門            ┃
 ┗━清平 稻葉丹後守の抱鍛冶となる。元祿 ┣━高平                ┃
      頃まで長生           ┃   元祿二年頃出羽守受領頃     ┃
                      ┃                   ┃
                      ┃   又助門人、荒木八郎       ┃
                      ┗━則家                ┃
                          萬治頃             ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃ 六  甚太夫        七  助太夫     
 ┗━ 兼若━━━━━━━━━┳━ 兼若        
   代  元祿享保頃    ┃ 代  三十七歳の頃逐電
               ┃            
               ┃   甚太夫甥、四郎三郎
               ┗━國重         
                   享保頃      
                            

兼若造刀 金澤市上埜嘉兵衞氏藏

 
 

高平造刀 金澤市富樫亮氏藏