石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

在來派の第四に信長系あり。
 初    藤島友重に相傳 二          三  六藏   
  ━━守種━━━━━━━━ 守種━━━━━┳━━ 守種     
 代            代       ┃  代  貞享頃  
                      ┃          
                      ┃    二代守種門人
                      ┗━━盛種      
                           貞享頃   
この初代守種は系圖に據れば應仁頃の信長の後系とするも、年代的に多大の距離あるのみならず、その鍛法に信長傳を認むること能はず、特に藤島友重に相傳すと自稱する點などに關し疑問なきこと能はず。思ふに絶滅久しきに亙りたる信長の系圖を拉し來りて、之を己の祖先たるが如く裝ひしものにあらざるか。今之を現存の作品により斷ずるに、守種は寛永の頃より貞享の頃に至るまで同銘二代存續したるが如く、貞享四年十一月非人小屋裁許の口演書に、『先頃刀鍛冶守種六藏非人小屋え御入置、今以兄弟罷在』といへば、六藏守種が産を喪ひて笠舞に收容せられたること清光長兵衞の例に同じく、是に至りて刀系絶滅したりしなり。守種の手腕は凡庸にして作品尠く、往々薙刀等を見、その銘は賀州住藤原守種又は單に守種と切る。