石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

寛文・延寶の四郎兵衞家平享保の四郎兵衞家忠との別人なることは前に言へるが如し。享保家忠は吉兵衞國平(二代家平同人)の養子たりしが、後に吉兵衞に實子吉右衞門の出生したるを以て國平を繼承する能はず、寛文末年以來斷絶したる家忠の銘を復活して分家したるなり。然るに享保五年の鍛冶取調の際、恰も初代家忠以來連綿たる業系を承くるものゝ如く記され、こゝに錯誤を來すの因を爲せり。この後代家忠の作品は殆ど傳はらず。