石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

洲崎氏最後の刀工を幸次國光といひ、彼は慶應三年父吉郎の後を受けたるも、その國平を襲銘せず。作風は吉郎國平に似て上作ならざるもの多し。明治廢刀の後普通の刄物鍛冶となりて、大正二年歿せり。