石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

二代勝國は初代勝國の長子なり。延寶より元祿を全盛とす。その作品甚だ佳良にして、伊豫大掾に比し姿稍優しく、地鐡肌は小杢目一層細美となり、刄文亦技巧を加へ、その三本杉は規則正しくして覇氣を缺くの觀なきにあらざるも、時に直烈の傑作を見ることあり。銘は加州住橘勝國・加州住陀羅尼橘勝國又は加陽金府住陀羅尼橘勝國と切り、初代に比し陀羅尼の家名を付すること甚だ多し。寶永二年歿す。三代勝國は鍛壇の不振期に當りたるを以て、その作品を遺すこと尠く、且つ技倆も前代に比し遙かに劣り、傳統の三本杉刄も拙く、谷に錵叢付き、地鐵肌惡しく、一見不快なるもの多し。銘は二代同樣の字態なるも稍細銘となれる傾向あり。享保十七年歿す。次いで四代・五代・六代勝國は刀劍界衰退の絶頂期に會したるが故に、家系を繼ぐといへども作品皆無に近く、從ひて完全なる刀工としての手腕を有したるや否やも疑問に屬す。安政以降最後の七代勝國あり。通稱を松戸榮次郎といひ、幼にして父を喪ひしを以て、その技は他系の師に就きて得たりし所なるべく、作風に古き勝國の傳統を表現することなくして、當國一般の新々刀と何等異なる所なし。稀に三本杉刄を燒くことあるも巧妙ならず。文政頃の一代鍛冶貞之の三本杉に遠く及ばざる感あり。銘は加州住勝國と切ること多く、稀に加州住陀羅尼橘勝國と長銘に切る。明治十三年歿す。