石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

在來派の第三に陀羅尼系あり。本系の古刀紀に就いては明確を缺くものあるも、諸家の由緒書に據れば橋爪系の分派なるが如く、その家名を陀羅尼と稱するの何れの頃に初れるやを明らかにせずといへども、古刀紀に在りては固よりこの名なし。思ふに寛永以降の家重家忠等が之を銘じたるに起るものゝ如く、吾人の見聞に入りたる年號の最古のものには陀羅尼吉兵衞尉藤原家忠の正保元年の作品あり。世間陀羅尼といへば專ら勝國を思ふものあるも、そは勝國が陀羅尼を冐せること最も多きによるなるべく、陀羅尼は決して勝國の初むる家名にはあらざるなり。その何が故に陀羅尼の語を採りて家名とせるかの理由は判然せず。或はその家祖古刀紀の勝家越後高田なる鍛冶屋町に隣れる陀羅尼の區域内に住せしことあるに因らざるかとの説あり。この系は加賀刀工中最も繁榮し、松戸・洲崎の兩家は明治に至るまで存續せり。
               
               
 ┏━勝家━━━━━勝家   
 ┃   慶長頃    寛永
 ┃  菩三郎    善三郎、實は三男、本家相續 初  三代藤原家重、松戸善三郎、寛文元年伊余豫
 ┗家重━━━┳━家重━━━━━━━━━━━━━━ 勝國━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    慶長頃┃   正保元年歿         代  大掾を受領、橘勝國と改銘、寛文十二年歿┃
       ┃                                       ┃
       ┃ 初  忠助、實は嫡男 二  善三郎   忠右衞門、初三代光國        ┃
       ┣━ 光國━━━━━┳━━ 光國━━━━光平                  ┃
       ┃ 代  寛永中歿 ┃  代        享保頃               ┃
       ┃         ┃                             ┃
       ┃         ┃                             ┃
       ┃         ┗━━光家                         ┃
       ┃                                       ┃
       ┃                                       ┃
       ┃ 初  吉兵衞、實は二男  二  吉兵衞   初  四郎兵衞         ┃
       ┗━ 家忠━━━━━━━━┳━ 家忠 ━━━━━ 家平━━━━━━━━━━━┓ ┃
         代  明暦元年歿   ┃ 代  寛文十年歿 代  天和三年歿      ┃ ┃
                    ┃                        ┃ ┃
                    ┃   七右衞門、大聖寺住            ┃ ┃
                    ┣━家忠                     ┃ ┃
                    ┃   寛文頃                  ┃ ┃
                    ┃                        ┃ ┃
                    ┃   吉右衞門、初吉重、明暦頃改銘       ┃ ┃
                    ┣━吉家                     ┃ ┃
                    ┃                        ┃ ┃
                    ┃                        ┃ ┃
                    ┃   六兵衞、家忠の從弟   六右衞門     ┃ ┃
                    ┣━忠吉━━━━━━━━━━忠吉         ┃ ┃
                    ┃               貞享頃      ┃ ┃
                    ┃                        ┃ ┃
                    ┃   門人、正保頃               ┃ ┃
                    ┗━家廣                     ┃ ┃
                                             ┃ ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┃
 ┃ 初  吉兵衞、初め二代家平正徳中改銘  二  吉右衞門、初家弘 三  橘藏      ┃
 ┗━ 國平━━━━━━━━━━━━━━━━┳━ 國平━━━━━━━━━ 國平━━━━━━┓ ┃
   代  享保十七年歿          ┃ 代  寶暦八年歿    代  安永六年歿 ┃ ┃
                      ┃                      ┃ ┃
                      ┃   四郎兵衞、國平吉兵衞養子       ┃ ┃
                      ┗━家忠                   ┃ ┃
                          享保頃                ┃ ┃
                                             ┃ ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┃
 ┃ 四  藤三郎   五  吉郎       幸次                     ┃
 ┗━ 國平━━━━━━ 國平━━━━━━┳━國光                      ┃
   代  天保六年歿 代  慶應三年歿 ┃  大正二年歿                  ┃
                     ┃                         ┃
                     ┃   門人、押水甚藏               ┃
                     ┗━正國                      ┃
                                               ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃ 二  善助、善三郎   三  善助、善三郎   四  善三郎               
 ┣━ 勝國━━━━━━━━━ 勝國━━━━━━━━━ 勝國━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 代  寶永二年歿    代  享保十七年歿   代  寶暦三年歿            ┃
 ┃                                             ┃
 ┃┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃┃ 五  善太郎      六  善太郎      七  榮次郎              
 ┃┗━ 勝國━━━━━━━━━ 勝國━━━━━━━━━ 勝國                 
 ┃  代  文化六年歿    代  天保九年歿    代  明治十三年歿           
 ┃                                              
 ┃ 初  善八郎、伊豫大掾二男   初  松戸七郎、二代勝國の二男にして叔父の家を再興す   
 ┗━ 勝家━━━━━━━━━━━━━ 泰平 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   代  元祿五年歿        代  初め二代勝家寶暦十二年歿八十二歳        ┃
                                               ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃ 二  松戸七郎           松戸藤九郎
 ┗━ 泰平━━━━━━━━━━━┳━泰勝     
   代  文化五年歿六十五歳  ┃   嘉永三年歿
                 ┃        
                 ┃   松戸氏  
                 ┣━泰定     
                 ┃   文化元年歿
                 ┃
                 ┃   七右衞門、泰平門人
                 ┣━泰重         
                 ┃   文政二年歿    
                 ┃            
                 ┃   杉本吉九郎
                 ┣━信政     
                 ┃        
                 ┃        
                 ┃   甚三郎  
                 ┗━兼久