石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

在來派の第二に橋爪系あり。
   太郎左衞門                  
 家次━━━━━━━━家次━━━━━┳━━家次   
             寛永頃  ┃    貞享頃
                  ┃       
                  ┃       
                  ┗━━家吉   
                       寛永
橋爪系の家次の住地は能美郡能美村に在りしといひ、その新刀期に在りて最も早き太郎左衞門家次は、系圖中家次累銘の第四代なりとせらる。その子に五代家次・家吉あり。共に寛永以降の人にして、承應三年前田利常越中高岡瑞龍寺寄進したる刀劍の工人中にその名を列したりしが、六代家次が貞享の頃襲銘せるを最後として歸農せり。この系は藤島系に次ぎ古き傳統を有する一族なるも、古刀紀に於いて繁榮なりしに比し甚だ不振の状に陷り、作品の遺るもの尠く、作位も多くは佳良ならず。