石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

然るに古藤島の流系を受けたるものに清光系あり。子孫相繼いで明治に至るまで、特に傑出したりと認むべき製作なく、概ね平調均一なりしに拘らず、かの兼若等が時好を趁ひて輕薄なる作風に走りたるに反し、常に祖先家傳の鍛法を維持するに努力し、謹厚誠實の作品を出しゝかば、刀劍としての實用的見地よりすれば甚だ優良の地位に在るものといふべきなり。
                                                
 初  小次郎、泉住       二  作助、泉住         三  七右衞門、作助    
  清光━━━━━━━━━━━━━ 清光━━━━━━━━━━━━━━ 清光━━━━━━━━━━┓
 代  寶徳三年歿        代  永正三年歿         代  天文弘治頃     ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃ 四  七右衞門、吉右衞門、越中守山住    五  次郎九郎、金澤
 ┗━ 清光━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━ 清光━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   代  天正頃              ┃ 代  寛永頃                ┃
                       ┃                       ┃
                       ┃   與兵衞、富山住             ┃
                       ┣━清光━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃
                       ┃   慶長頃               ┃ ┃
                       ┃                     ┃ ┃
                       ┃   喜兵衞               ┃ ┃
                       ┣━清光                  ┃ ┃
                       ┃   越中佐賀野住            ┃ ┃
                       ┃                     ┃ ┃
                       ┃   加州住               ┃ ┃
                       ┗━彫光                  ┃ ┃
                                             ┃ ┃
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┃
  ┃                                            ┃
  ┃   又兵衞、小四郎、後改重清      五右衞門    五左衞門、高岡住       ┃
  ┗━清光━━━━━━━━━━━━━━┳━清光━━━━━ 清光               ┃
      高岡富山住、寛永頃     ┃   高岡住     享保頃            ┃
                    ┃                          ┃
                    ┃   半右衞門、近江大掾              ┃
                    ┣━行光                       ┃
                    ┃   富山住、寛文頃                ┃
                    ┃                          ┃
                    ┃   伊右衞門、播磨大掾              ┃
                    ┗━清光                       ┃
                        富山住、寛文頃                ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃ 六  長兵衞、笠舞住    七  長右衞門、笠舞住  八  長兵衞、笠舞より金澤に復す  
 ┗━ 清光━━━━━━━━━━━ 清光━━━━━━━━━━ 清光━━━━━━━━━━━━━━┓
   代  貞享四年歿      代  享保八年歿     代  寶暦四年六十四歳歿     ┃
                                               ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃ 九  藤江助四郎、金澤住     十  藤江小次郎、金澤住                
 ┗━ 清光━━━━━━━━━━━━━━ 清光━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   代  寛政七年六十八歳歿     代  天保九年七十一歳歿               ┃
                                               ┃
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┃ 十一  藤江助四郎       十二  藤江清次郎     十三  藤江清一、後清光 
 ┗━  清光━━━━━━━━━━━━  清光━━━━━━━━━━  清光         
   代   文政十三年三十六歳歿  代   明治九年五十六歳歿 代   昭和二年七十七歳歿
                                              
清光系の系譜は略上記の如く、一門頗る繁榮し、累代同銘なりしのみならず、同時代に數人の同銘を有せしことすらあり。或は系圖外の清光なかりしを保せず、その複雜なること備前の祐定に類するものあり。しかのみならず地鐵及び作風新刀紀の大半を通じて同態同樣なるが故に、その鑑識に當りて何れの清光なりやを區別すること頗る困難なり。而して之を總括的に論ずれば、地鐵は概ね小杢目肌にして細密なりといへども、稀に大肌の混じたるものあり。又鎺元は肌立つ氣味のもの多く、刄文は概ね直刄なれども五目亂も尠からず。共に匂本位のもの多くして錵出來のもの少し。銘は清光と二字に切るもの多く、稀に加州住藤原清光又は加州金澤住藤原清光などゝ切ることあり。