石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

嘉永以降當國の鍛壇大に活況を呈し、多數の作品を後世に遺せしが、その刀工には藤江氏の清次郎清光を筆頭とし、木下氏の兼重兼豐兄弟、松戸氏の榮次郎勝國、洲崎氏の國平國光父子、杉本氏の信政・信友父子、その他押水甚藏正國・永井保之丞信義等ありて群雄割據の状を呈せり。然れども當時の作品を通觀するに、先人松戸泰平の傳法を承くること次第に薄く、技量も彼に及ばざること遙かにして、徒らに延寶・元祿の作風を摸するの傾向ありしが爲、概ね品位に乏しく地鐵肌一見無地に近く、特有の一種妖光を帶びたる劣作亦無きにあらず。たゞこの間に在りて、清次郎清光丈次郎信友のみは聊かも他の弊風に浸染せず、日本刀の本質を確守したるもの誠に掉尾の双璧といふべし。