石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第三編

第四章 美術工藝

第六節 刀工

前記の如く延寶以降鍛作に變化を生じたることも、畢竟ずるに刀劍の製作が不振に陷りたる一面を表明せるものなるべく、太平の世態久しきに亙るにつれ、舊作品の貯藏せられしもの漸く多く、新製の需要次第に減じたるを以て、この難局を打開すべく努力したる結果、人目を惹くが爲新奇を衒ふの必要を生じたるにあらざるか。四郎右衞門兼若等が刄文に一工夫を凝らしたるも、亦同じくその窮餘の一策なりしやも知るべからず。而して此の鍛壇の競爭に敗れ生活の脅威を感ずるに至れるものに長兵衞清光あり、六藏守種あり。前者は延寶年間に、守種は貞享年間に非人小屋に收容せられての給養を受けたるは周知の事實なり。